未経験者のための家族葬情報サイト

家族葬は、一般の葬儀と同じようにさまざまな場所で葬儀を行うことができ、主に自宅や葬儀会館などがあると言えます。
自宅の場合は、住み慣れた家で行えるという安心感がありますが、部屋の片付けなどの手間がかかる場合があります。
そして葬儀会館の場合、は公営のものだと料金が安く、葬儀社所有の会館は設備が充実しており、さらに民間の貸式場は葬儀社に関係なく利用できるというメリットがあります。
ただし葬儀会館には、家族葬向きの式場がない場合もあるため注意が必要です。

家族葬はどんな場所で行うの?

家族葬はどんな場所で行うの? 家族葬は、家族などの身内に参列者を限定して行う葬儀スタイルですが、一般のスタイルと同じように葬儀を行うことができる場所はさまざまあります。
種類としては、主に自宅や葬儀会館などがあると言えるでしょう。
まず自宅で行う場合は、住み慣れた我が家で葬儀ができるという安心感があると言えますが、部屋の片付けや近隣への配慮、さらに駐車スペースの確保などが必要になると言えます。
一方の葬儀会館については、公営のものや、葬儀社所有の会館、そして民間の貸式場があります。
公営のものは料金が安く、葬儀社所有の会館は設備が充実しているというメリットがあります。
そして民間の貸式場は、葬儀社に関係なく利用できるというメリットがあると言えるでしょう。
ただし葬儀会館の場合は、家族葬向きの式場がない場合もあるため、事前の確認が必要になります。

家族葬を自宅で行うには

家族葬を自宅で行うには 家族葬は亡くなった人の家族のほか、親族や友人レベルまでのごく親しい間柄にあった人たちだけで行う葬儀です。
社会的な儀礼としての側面だけが優先されがちな一般葬とは違って、少人数だけに心から亡くなった人のことを追悼することができるメリットがあります。
このような家族葬の趣旨からすれば、民間の会社が運営するセレモニーホールなどではなく、亡くなった人にとってゆかりの深い自宅で葬儀を行うことは、むしろ適切な選択といえます。
この場合には葬儀社との打ち合わせで自宅葬のプランで行うことを明確に伝えるとともに、ある程度の事前準備が必要になることがあります。
祭壇や御棺を安置するスペースや導師や参列者の席は最低限確保しなければなりませんので、ふすまを外して部屋をつなげるなどしておきます。
また火葬場への出棺も考慮して、廊下の幅が適切かどうか、霊柩車が敷地に入る進入路があるかどうかなどもチェックしておくことがたいせつです。
部屋のスペースが窮屈な場合には、焼香も霊前に進み出て行うのが難しいため、座ったままで参列者のほうが香炉をリレーのようにして次の席の人に渡す回し焼香のスタイルをとることがあります。
こうした自宅葬ならではの工夫で充実した葬儀ができる場合がありますので、やはり葬儀社のスタッフと現地を見ながら対応を相談することが重要となります。

家族葬関連情報

刈谷の家族葬で見送る

新着情報

◎2019/4/1

家族葬の案内
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

最近は家族葬が多い
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

スケジュールの組み方
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

家族葬にかかる時間
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 場所」
に関連するツイート
Twitter

昔青果店にいた時、葬儀関係のお仕事で荷物の搬入終わって何気なく肘をついた場所が故人の棺だった #どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト

Twitterあーるてっく@バーチャルRecエンジニア@RtecHchichigami

返信 リツイート 1:43

木村君が1人残ると決めた理由 自分なりにどんなに考えてみても 今まで納得できる答えが見つからなかった… ジャニーさんの葬儀の報道を見た時 木村君の顔を見て何だかすごく納得できた もし5人揃って外に出ていたら あの場所に誰も居なかったんだ… 1人で #SMAP を背負うと決めたのかも

Twitterはるる📎⭐️🌺📷New SMAP つとぷ合流待ち@harumi11121113

返信 リツイート 0:27

あー今日は葬儀終わったあとも何度も何度もチョコがいた場所はチラチラ見てしまった。 いないのは頭の中ではわかってるんだけど…つい見ちゃうんだよね… なんか音聞こえたら「鳴いた?」とか考えちゃう。 後は、あのもふもふを触れないのも悲しい。

親族の葬儀。不幸の中に、久々に集まる家族のかけがえのない時間があったりして。ジャニーさんとジャニーズの面々も一緒だね。みんなそれぞれにがんばる場所があってなかなか集まれないけど、ジャニーさんの最後の時にみんなで時間を共有出来た。

直葬とは、お通夜やお葬式(告別式)といった儀式を省略して、そのままご遺体を火葬する形態の葬儀です。そのため、直葬は●●式とも呼ばれ、場所も火葬場の火葬炉の前で行われ、参加する方もご家族などの限られた身内の方のみの場合が多いです。 shukatu-life.com/column?id=42

Twitter【終活ライフ】終活情報ポータルサイト@life_ending_

返信 リツイート 昨日 20:43

返信先:@umi_hkkthrhsngn てかさ、お寺が投票所って凄いね。それも場所が分かりにくいお寺だなんて!その日は絶対葬儀できないね(;´∀`) そのうちさ、指紋認証とかでコンビニでも投票できるようになるんじゃないかなぁーとうっすら期待してるとこよ♪

"次なる会場"って、翔ちゃんは直接的な単語を使わずに言ったけど、葬儀の次の場所なんて決まってるよね 辛すぎるな…お別れする時間無さすぎるやんそんなの…

葬儀に参列できないてことは、すぐに帰って来れる場所じゃないからなんだろうな、とは思ってた

今日は朝からお母さんと今は亡き愛犬達を葬儀して頂いた場所に久しぶりに行って来ました...🐶 お家にも2匹の遺骨はちゃんとあるんですが葬儀してもらった場所にも遺骨は少し置いてあるのでこうして行ける時に手を合わせに行っています(´ー`)🙏

Twitterみじゅ 🐶💓平日低浮上@shap_ris

返信 リツイート 昨日 17:22

ジャニーさんの葬儀やった場所が、今日応援で来てる支店の近くでした。さっき前とおりました。おどろき。