最近は家族葬が多い

最近は家族葬が多い

最近は家族葬が多い 親族やごく親しい知人だけで故人を送る家族葬儀が最近は珍しいことではなくなりました。従来は葬儀というと遺族や故人と親しかった親族・隣人をはじめ、故人の働いた会社関係等の人達あるいは遺族の会社関係の人達などの大勢の参列者がいて行われるのが一般的でしたが、最近の葬儀はあり様がちがいます。
その理由の一つには、各家族化等にみる家族のあり方の変化があります。家父長制とまでは言えないまでも血族、姻族の縁に縛られて生きることに価値があった時代と異なって、現在は個人が強く主張しても認められるようになり、葬儀にしても故人のあるいは遺族の意思が大切に扱われるようになりました。
また、寿命が延びたことによって、昔なら会社関係や隣人・友人関係において多くの人の参列があったとしても、定年退職後の長い年月を過ぎてきたことから、昔の縁から遠のいたことも、また、お互いが高齢になって参列できないこともあります。
故人がごく親しい人だけに送られることを希望している時などその意思を汲んで家族葬で送ってあげるのがいいです。

家族葬に参列する範囲

家族葬に参列する範囲 家族葬と言う名前から、葬儀に参列する範囲は家族に限られると誤解している人も少なくないようです。その主旨は、家族を中心として少人数で簡素にしめやかに葬儀を営む事であり、参列する人の範囲には制限はありません。家族や親しい親族や知人が参列しても何の問題もありません。参列者には、姻戚関係やその他何らの制限はないのです。
しかし家族葬は少人数で簡素に営む事が主旨であり、不特定多数の人が参列する一般の葬儀とはもちろん異なります。簡素に営む主旨から、通夜に僧侶をお願いしない等、色々と省略するケースもあり、そうした遺族の意向を見守ってくれる人に参列者を絞るのがベターと言えるでしょう。この様に、家族葬に参列を呼びかける人は、吟味すべきとは言えますが、決して家族のみしか参列できないと言うものではないのです。家族葬は、家族・親しい親族・友人等が参列して、簡素でしめやかに故人を送る小規模な葬儀と考えると分かりやすいかも知れません。

新着情報

◎2018/8/23

最近は家族葬が多い
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

スケジュールの組み方
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

家族葬にかかる時間
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 親族 」
に関連するツイート
Twitter

RT @peace134: ひいおばあちゃんの納棺の際頭に付ける三角のヤツを「喪主の方が付けてください」と葬儀会社の方が手渡したところ勘違いした喪主が自分の頭に付け、更にその場にいた親族が「三角のヤツない!」と探し始め喪主も頭に付けたまま捜索していた #厳粛な場での不意の一撃

Twitterとしお レペ狂(社長推し)@Tso_mazi_manzi

返信 リツイート 2:43

RT @joe_1125: 叔父の葬儀の際、葬儀屋さんの要らぬ気遣いで薄毛だった叔父の増毛された遺影が出来上がった。遺影見たら笑ってしまうので親族皆俯いて見ないようにしてたのに、焼香に来て頂いたご近所さんの「…誰?」の一言でもう無理だった #厳粛な場での不意の一撃

Twitterとしお レペ狂(社長推し)@Tso_mazi_manzi

返信 リツイート 2:33

通夜の受付業務に追われて何となく気を紛らわせれた。 親族間の問題がやはりチラホラ出てくるけど、まずは明日を無事に終わらせよう。 婆ちゃん、お金かけなくていいって生前言ってたけど、結局、あんだけの人が来たなー。 また明日や。 #葬儀 #告別式

【創価学会葬儀】祭壇の中心に、ご本尊をご安置し、お樒や生花をお飾りし、友人葬として、親族や友人の方々に見守られながら、やさしく故人をお送りします。yokohamaseikosha.co.jp #yokohama #sougi #fuhou

夫は出張先と亡くなった親族の家が偶然同じ県だったので、1泊追加で葬儀に出られるか仕事を調整しているそうな。 4親等だと忌引きも出ないだろうし、単に仕事調整して休めるかどうかなんだろうなぁ。 私ワンオペ日数増えて寂しい。

先日九州での葬儀からわずか2週間後また別の親族が死亡昨日再び葬儀参列のため今月2度目の九州小倉に向かう〈繁華街にも〉こうした連続訃報の一因でもある冬季の低温に私は強く弾劾し近未来南国に移住する決意を新たにした2月である

体調不良、親族の不幸……歴史が繰り返すように、欠席もまた繰り返される。積み上げた言い訳に再び塗り重ねるのは、新たな虚構か、それとも開き直りか。次回「今月二回目の葬儀」。革命機モモギヴレイヴ、それは大学を暴くシステム。

Twitter旧モモギたん(移行しました)@momogi_tan

返信 リツイート 昨日 21:21

喪服といっても、一般参列で、葬儀に行くのは、略式喪服らしい。正式な喪服は喪主や遺族に近い親族が着る喪服!akihabara.areablog.jp/kuuokita

親父の通夜、葬儀無事終了 普通に親族等と話している時は何ともなかったが お経が始り親父の遺影を見たら涙我慢するのが大変やった。 担当の人がとても感じの良い人で、お袋と妙に気が合い悲しかったけど 楽しくもあり、泣き笑いできたとてもいい式だった。 是非四十九日も頼みたいと思った。

とりあえず葬儀社とのやり取りを終えて祖父の家で落ち着きました 実家と大阪市内から母と弟も駆けつけてきていて、いとこも来ていたので親族が見守る中で亡くなったって、今の寂しい時代に凄いことですよね