最近は家族葬が多い

最近は家族葬が多い

最近は家族葬が多い 親族やごく親しい知人だけで故人を送る家族葬儀が最近は珍しいことではなくなりました。従来は葬儀というと遺族や故人と親しかった親族・隣人をはじめ、故人の働いた会社関係等の人達あるいは遺族の会社関係の人達などの大勢の参列者がいて行われるのが一般的でしたが、最近の葬儀はあり様がちがいます。
その理由の一つには、各家族化等にみる家族のあり方の変化があります。家父長制とまでは言えないまでも血族、姻族の縁に縛られて生きることに価値があった時代と異なって、現在は個人が強く主張しても認められるようになり、葬儀にしても故人のあるいは遺族の意思が大切に扱われるようになりました。
また、寿命が延びたことによって、昔なら会社関係や隣人・友人関係において多くの人の参列があったとしても、定年退職後の長い年月を過ぎてきたことから、昔の縁から遠のいたことも、また、お互いが高齢になって参列できないこともあります。
故人がごく親しい人だけに送られることを希望している時などその意思を汲んで家族葬で送ってあげるのがいいです。

家族葬に参列する範囲

家族葬に参列する範囲 家族葬と言う名前から、葬儀に参列する範囲は家族に限られると誤解している人も少なくないようです。その主旨は、家族を中心として少人数で簡素にしめやかに葬儀を営む事であり、参列する人の範囲には制限はありません。家族や親しい親族や知人が参列しても何の問題もありません。参列者には、姻戚関係やその他何らの制限はないのです。
しかし家族葬は少人数で簡素に営む事が主旨であり、不特定多数の人が参列する一般の葬儀とはもちろん異なります。簡素に営む主旨から、通夜に僧侶をお願いしない等、色々と省略するケースもあり、そうした遺族の意向を見守ってくれる人に参列者を絞るのがベターと言えるでしょう。この様に、家族葬に参列を呼びかける人は、吟味すべきとは言えますが、決して家族のみしか参列できないと言うものではないのです。家族葬は、家族・親しい親族・友人等が参列して、簡素でしめやかに故人を送る小規模な葬儀と考えると分かりやすいかも知れません。

新着情報

◎2018/8/23

最近は家族葬が多い
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

スケジュールの組み方
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

家族葬にかかる時間
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 親族 」
に関連するツイート
Twitter

喪服といっても、一般参列で、葬儀に行くのは、略式喪服らしい。正式な喪服は喪主や遺族に近い親族が着る喪服!akihabara.areablog.jp/kuuokita

私以外で父方の実家帰るらしいし、母方のばーちゃんやっと施設入れるらしいし、もう誰がいつ死んでもおかしくないけど、葬儀の際は有給使えますか????私の貴重なお給料を減らすことは許されません。まじで好きな親族がいねえ😌

体調不良、親族の不幸……歴史が繰り返すように、欠席もまた繰り返される。積み上げた言い訳に再び塗り重ねるのは、新たな虚構か、それとも開き直りか。次回「今月二回目の葬儀」。革命機モモギヴレイヴ、それは大学を暴くシステム。

Twitter旧モモギたん(移行しました)@momogi_tan

返信 リツイート 3:51

無事に神戸モスクでムスリムとしての葬送を行い、あわせてお婆さんの親族一同、老若男女20人以上がイスラームに改宗(この場合回帰?)。結果、葬儀なのにみんな口々に(改宗)おめでとう!と笑顔に。その後もイスラームを教えるため、有志が定期的に訪ねることになったとか。

返信先:@enoshima0610 どのみちスーツ持ってきてないし、明日礼服買いに行かされるので………………私は親族(顔も見たことなければ存在も知らなかったし家系図でも繋がってなくない?って血筋)の葬儀でぶどう狩りに行けなくなった悲しみの方が…………強……強………………

Twitter🖕🏻過労キティ(虎)👎🏻@tokko112

返信 リツイート 昨日 23:45

返信先:@HarukaHxh他1人 今週は…親族葬儀に行くから…名古屋におるで…………名古屋来るか……?

2人とも親族なんて親族はいなくてヤマさん1人でこっそりと葬儀終わらせようとするんだ・・・経を読んで埋葬するだけにしようとするんだけどそうはいくかよってそばには千さんが一緒にいてくれるしメンバーちゃんたちも一緒にいてくれる、遺品の片付けも一緒にやってくれる

火葬場から母の住んでいた賃貸へ向かった。葬儀に参列しなかった親族がついてきた。初対面である。こんな大きな子供がいるとは、と驚かれ、音信不通みになるっての無礼をなじられた。天涯孤独の身になって親族の有難味がわかるでしょ?

ほんの少しお知らせ(?) 先程家の電話に電話が入ってき、内容は『親族に不幸があり、明日、明後日で葬儀を執り行うので来い』と言う内容でした。 その為中の人を向わないと行けなくなった為、明後日は急遽不可能となりました。 お会いさせていただく予定であった某氏には深くお詫び申し上げます。

返信先:@moti2motare2他1人 たしかに。 そういう理由で仮になくなったというなら、その葬儀はそれはそれは親族含めて大変な騒ぎになるでしょう。 活動家の人もたくさん参列して、みんな泣き女のようにやって、殉教したと騒ぎ出して、永遠に聖人として祭り上げてもいいはずなのに。 そういうのが、全くない。