スケジュールの組み方

スケジュールの組み方

スケジュールの組み方 家族葬であっても、基本的な葬儀の流れは一般的な葬儀とほとんど変わりません。よって、家族葬のスケジュールの組み方も一般的な葬儀と同じで、故人が逝去されてから3日間で終了するようにスケジュールを組むようにします。
故人が逝去された当日は病院から死亡診断書を受け取り、葬儀会社と菩提寺の住職、親族などに連絡をします。初日は故人のご遺体は自宅に安置するケースが多く、枕飾りを施して家族と一夜を過ごしてから葬儀場にご遺体を運びます。
2日目は葬儀場でのお通夜になり、納棺の儀をしてからお通夜を開始します。お通夜が終わると通夜ぶるまいを行い、親族などが集まって食事をして故人を偲びます。
3日目は葬儀の日であり、葬儀が終了すると火葬場までご遺体を運んで火葬を行います。火葬中は控室で待機をしたり、葬儀場で食事をして火葬が完了するまで待ちます。火葬が終わると骨揚げを行い、故人のお骨を骨壷に収めて一連の家族葬の儀式は終了します。

家族葬の四十九日法要

家族葬の四十九日法要 家族葬は、明確な定義は業界でも定まっていない事もあり業者によって弔問客の数や葬具品のレベルなどがまちまちなのが現実ですが、この葬儀自体は従来の葬儀の規模を縮小した葬儀であり四十九日法要も通常通り執り行われます。四十九日は、本地を不動明王とする秦広王から始まる7日毎に行われる死者の裁判において、平等王や都市王及び五道輪廻王等に判決の不服を訴えない限り本地を薬師如来とする泰山王が地獄行きと極楽行きの判決が下る日であり、四十九日法要は故人があの世に旅立つ事を祝う弔辞とされています。
その為、家族葬を行った場合でも四十九日は遺族や極限られた親族や知人の内輪で実施する事が数多くありますが、葬式仏教に従わない無宗教型の家族葬を行った場合には四十九日や1周忌及び3周忌を実施しない遺族も増加傾向にあります。寺院は、家族葬の普及や急速に進む仏教離れにより国内の寺院の40%が存続の危機に陥ると言われ、年忌法要を実施しない遺族が大半を占めるとも言われています。

新着情報

◎2018/8/23

最近は家族葬が多い
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

スケジュールの組み方
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

家族葬にかかる時間
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「四十九日」
に関連するツイート
Twitter

明日から三日間、祖母の四十九日で田舎に帰るのだけど、吐けないし、食べなきゃいけない。普通に死にたい。行きたくない。家で詰めて吐いてたい。頭おかしい。わかってる。でもでもでも

父の四十九日の際にお経をあげてもらった後、父の兄(私から見て叔父)に父方の実家の苗字が珍しいですねって話をお坊さんが振ったんですが、そこで初めて元々先祖は大阪の方に住んでいて、大阪夏の陣で敗れてこっちの方にやってきたことを知りました。どうもこんにちは、落人の子孫です。

Twitter高松沙絢( ✌︎'ω')✌︎✌︎('ω'✌︎ )@honeymintvoice

返信 リツイート 8分前

誰か来ていると思ったら六日町のおばちゃんだった~四十九日以来

明後日の祖父の四十九日に式に参列できなかった闘病中の父も連れて行くことになったため、明日は仕事が終わったら実家に一泊。 うむ、また壊れた玩具達をサルベージし、新たな命を吹き込もう。

Twitterベンジャミン@20190525都久志会館@THEbensan

返信 リツイート 26分前

僕が中学生のときから作ってるピー味噌 ラーメン丼に山盛りいっぱいに作ったやつをあいつは抱えて食ってた 翌日にはなくなるほどに おじいちゃんの四十九日法要で持ってったときはニキビ出来るからいらねなんて言ってたけど 結局翌日にはなくなってたって聞いた 今度はお前の四十九日法要だな pic.twitter.com/oqffxUkniW

Twitter慢性愛情不足@桐生一馬の如く@You_and_Me_mnst

返信 リツイート 43分前

おじいちゃんは四十九日終わってなくても行っても怒らないだろうけど、神様に怒られたら…ね…(´・ω・`)

お母さんに言われて「一応今月か来月…」って答えたあと、あれ、四十九日終わってないけど行っていいの?ってなって調べたらやめといたほうが良さそう。 そうだよね、死は穢れって考えだもんね。

ぼくりりくんは四十九日まで現世彷徨ってるのかな?

Twitterしり𓆏𓆏1/23 レキシ@melty_sugarsalt

返信 リツイート 13:28

明日と明後日が四十九日の法要だというのを夜中にふと思い出した…学校が終わってから連れていくと間に合わないし、義父母に世話をお願いすることに💧

阪神淡路大震災の年に母が亡くなり、今日は父の四十九日です。 色んな思いが交錯して、いつにも増して寂しく思う日でござんす。